毎週金曜夜 抗議活動スピーチ書き起こし 2016/08/19

Bookmark and Share

毎週おこなわれている脱原発デモや、平和集会や抗議活動。今週も全国各地にかずおおくの人々が集まっていました。北海道、青森、岩手、福島、東京、長野、愛知、福井、大阪、京都、愛媛、広島、山口、福岡、長崎、鹿児島など、さまざまな地域で脱原発デモや平和集会が行われています。

 
それでは今回も、全国の集会で述べられた平和運動と、脱原発の声を
文章に書き起こしてみたので紹介します。
 
 
福島県に自宅がある男性が、雨の続く首相官邸前にて、こう語りました。

  私は、福島の出身です。私の家には今、除染と称して、庭の土の表面を剥ぎとり、その上にビニールシートをかけ、庭の片隅に置いてあります。これが除染ですか? 庭の土を集めて、ビニールシートをかけただけですよ。除染された土は、同じ庭に放置し続けられています。除染された土と、同じ場所で生活しているんです。なにが除染ですか。まったく除染になっていません。そしてまた、近所に目を向ければ、仮設のプレハブ住宅が、たくさん建っています。何年、そこに住めば良いんですか。何年経っているんですか。なんであの人たちをずっとプレハブ住宅に住ませてしまっているんですか。こんな状態を続けて、良いんですか。原発推進は、危険です。建物だけがあって、人が住んでいない。そんな状況を想像してください。それが今の日本の状況です。こんな状況を許して良いんですか。ぜったいに原発は、あってはいけません、皆さん。
 
 
 
 
福島を訪れたおばあさんが、こう語りました。

  あのお、埼玉県春日部から参りました。いつのまにかもう、80歳をすぎましたけれども、あまりにも原発がおそろしいので、毎週来ております。もう180回ちかく参加していると思います。ともかく、先月、福島へ行って参りました。飯舘の仮設住宅の人たちと、逢ってきました。来年の3月にはもう、仮設住宅を出ろと言われているんだそうです。そして、お金もそのうちに打ちきる。そうしたら、あのー、飯舘村のある地域はまだ、放射能が、すごく強いんです。常磐道で帰ってきましたら、まだ放射能がバスの中でも高い数値を示していました。ほんとうに、原発はおそろしいです。家はあっても、あの放射能では、帰れないと思います。あの飯舘の人たちは、3月に住処を追われて、どこへゆくのかと、思うと、私も心配です。皆さん、これからも、原発ぜったい、反対って、がんばりましょう……。
 
 
 
 

Bookmark and Share

毎週金曜夜 抗議活動スピーチ書き起こし 2016/08/12

Bookmark and Share

毎週おこなわれている脱原発デモや、平和集会や抗議活動。今週も全国各地にかずおおくの人々が集まっていました。北海道、青森、岩手、福島、東京、長野、愛知、福井、大阪、京都、愛媛、広島、山口、福岡、長崎、鹿児島など、さまざまな地域で脱原発デモや平和集会が行われています。

今週は、伊方原発が再稼働されたことにより、地元の愛媛では大きな原発反対運動が起きていて、これがツイキャスにて生放送されていました。
 
 
それでは今回も、全国の集会で述べられた平和運動と、脱原発の声を
文章に書き起こしてみたので紹介します。
 
 
 
 
関東在住の男性が、こう語りました。

  えーと、福島の楢葉町と富岡町へ、地元の9条の会では3回、今年ね、私は2回行って写真を撮ってきました。宝鏡寺というお寺がね、楢葉町にあって、楢葉の山のほうですけど、えーその和尚さんがね、40年前から原発に反対運動をずっとやってきた。その時のスローガンがね「スリーマイル、チェルノブイリ、次はニッポン」ということで、ずっと運動をしてきたんですけど、事故が起きてしまった。なにがくやしいって、じっさいにこう、起きるぞと津波のことも含めてね、起きるぞということを指摘してきた。でも東電は聞く耳を持たなかった。そういう運動を進めてきた人が、避難するはめになってしまった。誰がくやしいって、この人がたぶん一番くやしいんだろうと思うんですけど、今は被害者の裁判の原告団長をつとめているこの和尚さんの、お寺に、行った。本堂に、大きな張り紙が手描きでしてあってね、「原発大事故次もニッポン」というふうにスローガンが書き換わっています。「スリーマイル、チェルノブイリ、次はニッポン」だったのが「原発大事故次もニッポン」今日、伊方原発が動いたって話しですけどね、まったく懲りてない。ほんとに次もニッポンっていうのがね、えー冗談でも大仰でも無く、なるのかなあという……。富岡町にも行ってきました。いわきのほうから、広野町、楢葉町、富岡町、で、大熊町、双葉町という順番で北にこう向かうんですけど、福島第一原発は、双葉と大熊の間にあります。その北側は、浪江町でその北が南相馬。そういう地図です。富岡町の一部区域が、帰宅困難区域に設定されています。その境までは行けますので、皆さん、いちどぜひ見てください。私、南相馬まで、鶏を肉にしてもらって加工してもらうのに、毎年2回くらい、通ってました。何年も。それが原発事故で業者が居なくなって、今は辞めたんですけど、その行き帰りに、富岡町の回転寿司のすし八っていう回転寿司でよく食べたりとかしてました。それからダイユーエイトっていう黒っぽい看板のホームセンターがあって、そこ入るのが楽しみだったり、そういう行き来をしていたんですけど、その繁華街が、今、完全にゴーストタウンになっているんですよね。家屋の解体がはじまりつつあるんですけど、まだまだそのまんま、の状態で草も生えて、信号だけがついてるっていう町があります。これはね、原発を動かそうとしている人、無関心な人、反対な人、やっぱ何が起きるか、原発は何を引きおこすのか、っていう意味ではね、ぜひ、あそこの景色を見て、0.6μSv/h(マイクロシーベルトパーアワー)とか0.8とか線量ありますから、低線量の放射能を浴びるということをぜひこれは、体験して来て良いんじゃないかなあと、思います。富岡駅というところにも行ってきました。あのー、駅舎も何も無いんですけど、今トラックががんがん動いています。線路をひきなおして、線路を通すっていうことで、今その路盤をかためたり、がれきを運び出したり一生懸命やっています。えー、なにごとも無かったような工事現場、まあ何事かあります。津波でやられて空っぽですから、あるんですけど、作業員さんは、いっぱい、いっぱい働いています。えー、モニタリングポストは0.2μSv/hとか0.3とかを示すんですけど、こっちで持ってった計器で見るとだいたい倍と思って間違いないですよね。0.6とかにすぐ上がる。そういう町が、関東からすぐそこに、すぐそこにあります。もうここもネオンがついて車が走っているんだけど、その場所に行けば、静まりかえった町があります。もう6年目になろうとするのに、人の暮らしの無い町が、この国にはあります。みんなほんと見にいってくるべきだし、あすはこの自分たちの町の姿だっていう、想像力をね、えー、ぜひ持つべき、まあ事故が起きるまで持たないのかね。まあ、できるだけ口にしないようにしていますけど、やっぱり言うな。ばかやろう。
 
 
 
 
 
福島第一原発付近から関東に避難されたおばあさんが、こう語りました。

  私は福島第一原発から1.2キロのところに住んでいて、今は東京港区にお世話になっています。私はいま、腹が立っているのは、伊方原発が再稼働したことですよ。福島の、私たちの、被災者の声を聞きもしない。私たちの苦しみも何にも聞きもしないで、再稼働するって言うから、どういうことでしょうか皆さん。これ以上苦しみは作らないでくださいよ。福島の人たちどんな苦労をして、どんな地獄の思いをしてきたか、判りますか。伊方原発や川内原発で、四国や熊本の人たちには私たちの苦しみはぜったいにさせたくないから、再稼働は絶対にしてほしくないんです。あと、規制委員会の発表が9日の火曜日にありました。行ってきました。もう、私は腹立たしくて、ほんとにこれが、規制委員会かとおもったのが、飛行機が万が一墜落したらどうするんですか、対策はとっていますか、と聞いたら、それは秘密保護法で公開できません、そんな話しがありますか。そして「あなたたちは福島第一原発の近くに行ってきましたか」って聞いたら「行ってきました」「なにを感じましたか」「気の毒だと思います」たった気の毒だっていう言葉だけですよ、皆さん。こんな話がありますか。ほんとに再稼働しないように、よろしくお願いします。

Bookmark and Share

演劇「避難ママの選択」動画作品

Bookmark and Share

演劇「避難ママの選択」動画作品
youtubeで、さいごまで見ることが出来ます。
合計約2時間です。

くわしくはこちら

演劇「避難ママの選択」(劇団きゅう)英語字幕版 1
https://youtu.be/fIB9hObanwM

演劇「避難ママの選択」(劇団きゅう)英語字幕版2
https://youtu.be/O01wQsXwkDs

演劇「避難ママの選択」(劇団きゅう)英語字幕版 3
https://youtu.be/6EgqLEkZXkA

演劇「避難ママの選択」(劇団きゅう)英語字幕版 4
https://youtu.be/mWPDa8Lc6b0

Bookmark and Share

毎週金曜夜 抗議活動スピーチ書き起こし 2016/08/05

Bookmark and Share

毎週おこなわれている脱原発デモや、平和集会や抗議活動。今週も全国各地にかずおおくの人々が集まっていました。北海道、青森、岩手、福島、東京、長野、愛知、福井、大阪、京都、徳島、広島、山口、福岡、長崎、鹿児島など、さまざまな地域で脱原発デモや平和集会が行われています。
 
 
 
それでは今回も、全国の集会で述べられた平和運動と、脱原発の声を
文章に書き起こしてみたので紹介します。
 

海外在住の外国人男性がこう語りました。

  私たちはアジア太平洋のFOE(Friends of the Earth)グループの一員です。日本の原発反対の意思に連帯してここに居ます。今日、福島第一原発付近から避難されている方とお話しをする機会がありました。彼ら彼女らが今も、どのように苦しんでいるか、知ることが出来ました。広島や長崎の核兵器を体験した日本ではすでに核がどれほど悪いものか知っているはずです。核は正しい選択ではありません。日本だけで無く、世界でそうです。私たちは日本がどんな形の核発電もサポートしない支援しないことを望みます。日本だけで無く、世界中で求めます。私たちはまた、日本政府に、福島の事故で苦しんでいる人たちへの支援をもっとしてゆくことを求めます。STOP NUCLEAR NOW! STOP NUCLEAR NOW!
 
  広島、長崎の原爆投下、そして福島の事故を経験した、日本の人々がより良いエネルギー、よりよい未来への声をあげると言うことは、世界全ての人にとってとても意味があります。あなたたちの決意や頑張りを支援します。皆さんは、より良い日本のために戦っているだけじゃなくて、より良い世界のために戦っています。ありがとう。
 
 
 
 
韓国人女性がこう語りました。
 
  原発辞めろ。安倍晋三、原発辞めろ。韓国から来ました。KFEM(Korean Federation for Environmental Movement)という団体に属しています。皆さんのがんばりは素晴らしいと思います。韓国でも、たくさんの人たちが立地原発に苦しんでいます。日本は世界をリードする国だと思います。今日このアクションも、世界をリードしていると思います。私たちには連帯が必要です。キムチ刺身れんごうが必要です。大声で官邸に向かって「安倍晋三、原発辞めろ」と叫ばなくてはいけません。安倍晋三、原発辞めろ。キムチ刺身れんごうの連帯をコールしましょう。ありがとうございました。

Bookmark and Share