避難と資金援助

避難をしたほうが良いが、資金が足りない、という場合は、他県の避難先の市役所に相談することができます。
 
遠くに避難し、別の安全な県に到着したら、市役所で「地震から避難したので、一時的に生活保護を申請します」というと、大地震での避難の場合はかなり高い確率で申請が通って、資金援助を受けられるそうです。貯金があっても、です。そして潤沢な貯金がある場合は、カードが使えるようになった時点で、生活保護の資金提供は終了し、貯金がじゅうぶんある場合は、それまでの生活保護資金は返却の必要があるそうです。

情報源はこちらです
http://www.houterasu.or.jp/eastjapaneq/qa11-2.html

情報源その2
https://twitter.com/zhtsss/status/722392929378050048

情報源その3
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/f1450c94d69e931e325d62ce31007b61

情報源その4
http://yuuki100.com/volunteer/pdf/311quake_seikatsuhogo_QA.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です