毎週金曜夜 抗議活動スピーチ書き起こし 2016/08/12

毎週おこなわれている脱原発デモや、平和集会や抗議活動。今週も全国各地にかずおおくの人々が集まっていました。北海道、青森、岩手、福島、東京、長野、愛知、福井、大阪、京都、愛媛、広島、山口、福岡、長崎、鹿児島など、さまざまな地域で脱原発デモや平和集会が行われています。

今週は、伊方原発が再稼働されたことにより、地元の愛媛では大きな原発反対運動が起きていて、これがツイキャスにて生放送されていました。
 
 
それでは今回も、全国の集会で述べられた平和運動と、脱原発の声を
文章に書き起こしてみたので紹介します。
 
 
 
 
関東在住の男性が、こう語りました。

  えーと、福島の楢葉町と富岡町へ、地元の9条の会では3回、今年ね、私は2回行って写真を撮ってきました。宝鏡寺というお寺がね、楢葉町にあって、楢葉の山のほうですけど、えーその和尚さんがね、40年前から原発に反対運動をずっとやってきた。その時のスローガンがね「スリーマイル、チェルノブイリ、次はニッポン」ということで、ずっと運動をしてきたんですけど、事故が起きてしまった。なにがくやしいって、じっさいにこう、起きるぞと津波のことも含めてね、起きるぞということを指摘してきた。でも東電は聞く耳を持たなかった。そういう運動を進めてきた人が、避難するはめになってしまった。誰がくやしいって、この人がたぶん一番くやしいんだろうと思うんですけど、今は被害者の裁判の原告団長をつとめているこの和尚さんの、お寺に、行った。本堂に、大きな張り紙が手描きでしてあってね、「原発大事故次もニッポン」というふうにスローガンが書き換わっています。「スリーマイル、チェルノブイリ、次はニッポン」だったのが「原発大事故次もニッポン」今日、伊方原発が動いたって話しですけどね、まったく懲りてない。ほんとに次もニッポンっていうのがね、えー冗談でも大仰でも無く、なるのかなあという……。富岡町にも行ってきました。いわきのほうから、広野町、楢葉町、富岡町、で、大熊町、双葉町という順番で北にこう向かうんですけど、福島第一原発は、双葉と大熊の間にあります。その北側は、浪江町でその北が南相馬。そういう地図です。富岡町の一部区域が、帰宅困難区域に設定されています。その境までは行けますので、皆さん、いちどぜひ見てください。私、南相馬まで、鶏を肉にしてもらって加工してもらうのに、毎年2回くらい、通ってました。何年も。それが原発事故で業者が居なくなって、今は辞めたんですけど、その行き帰りに、富岡町の回転寿司のすし八っていう回転寿司でよく食べたりとかしてました。それからダイユーエイトっていう黒っぽい看板のホームセンターがあって、そこ入るのが楽しみだったり、そういう行き来をしていたんですけど、その繁華街が、今、完全にゴーストタウンになっているんですよね。家屋の解体がはじまりつつあるんですけど、まだまだそのまんま、の状態で草も生えて、信号だけがついてるっていう町があります。これはね、原発を動かそうとしている人、無関心な人、反対な人、やっぱ何が起きるか、原発は何を引きおこすのか、っていう意味ではね、ぜひ、あそこの景色を見て、0.6μSv/h(マイクロシーベルトパーアワー)とか0.8とか線量ありますから、低線量の放射能を浴びるということをぜひこれは、体験して来て良いんじゃないかなあと、思います。富岡駅というところにも行ってきました。あのー、駅舎も何も無いんですけど、今トラックががんがん動いています。線路をひきなおして、線路を通すっていうことで、今その路盤をかためたり、がれきを運び出したり一生懸命やっています。えー、なにごとも無かったような工事現場、まあ何事かあります。津波でやられて空っぽですから、あるんですけど、作業員さんは、いっぱい、いっぱい働いています。えー、モニタリングポストは0.2μSv/hとか0.3とかを示すんですけど、こっちで持ってった計器で見るとだいたい倍と思って間違いないですよね。0.6とかにすぐ上がる。そういう町が、関東からすぐそこに、すぐそこにあります。もうここもネオンがついて車が走っているんだけど、その場所に行けば、静まりかえった町があります。もう6年目になろうとするのに、人の暮らしの無い町が、この国にはあります。みんなほんと見にいってくるべきだし、あすはこの自分たちの町の姿だっていう、想像力をね、えー、ぜひ持つべき、まあ事故が起きるまで持たないのかね。まあ、できるだけ口にしないようにしていますけど、やっぱり言うな。ばかやろう。
 
 
 
 
 
福島第一原発付近から関東に避難されたおばあさんが、こう語りました。

  私は福島第一原発から1.2キロのところに住んでいて、今は東京港区にお世話になっています。私はいま、腹が立っているのは、伊方原発が再稼働したことですよ。福島の、私たちの、被災者の声を聞きもしない。私たちの苦しみも何にも聞きもしないで、再稼働するって言うから、どういうことでしょうか皆さん。これ以上苦しみは作らないでくださいよ。福島の人たちどんな苦労をして、どんな地獄の思いをしてきたか、判りますか。伊方原発や川内原発で、四国や熊本の人たちには私たちの苦しみはぜったいにさせたくないから、再稼働は絶対にしてほしくないんです。あと、規制委員会の発表が9日の火曜日にありました。行ってきました。もう、私は腹立たしくて、ほんとにこれが、規制委員会かとおもったのが、飛行機が万が一墜落したらどうするんですか、対策はとっていますか、と聞いたら、それは秘密保護法で公開できません、そんな話しがありますか。そして「あなたたちは福島第一原発の近くに行ってきましたか」って聞いたら「行ってきました」「なにを感じましたか」「気の毒だと思います」たった気の毒だっていう言葉だけですよ、皆さん。こんな話がありますか。ほんとに再稼働しないように、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です