毎週金曜夜 抗議活動スピーチ書き起こし 2016/08/19

毎週おこなわれている脱原発デモや、平和集会や抗議活動。今週も全国各地にかずおおくの人々が集まっていました。北海道、青森、岩手、福島、東京、長野、愛知、福井、大阪、京都、愛媛、広島、山口、福岡、長崎、鹿児島など、さまざまな地域で脱原発デモや平和集会が行われています。

 
それでは今回も、全国の集会で述べられた平和運動と、脱原発の声を
文章に書き起こしてみたので紹介します。
 
 
福島県に自宅がある男性が、雨の続く首相官邸前にて、こう語りました。

  私は、福島の出身です。私の家には今、除染と称して、庭の土の表面を剥ぎとり、その上にビニールシートをかけ、庭の片隅に置いてあります。これが除染ですか? 庭の土を集めて、ビニールシートをかけただけですよ。除染された土は、同じ庭に放置し続けられています。除染された土と、同じ場所で生活しているんです。なにが除染ですか。まったく除染になっていません。そしてまた、近所に目を向ければ、仮設のプレハブ住宅が、たくさん建っています。何年、そこに住めば良いんですか。何年経っているんですか。なんであの人たちをずっとプレハブ住宅に住ませてしまっているんですか。こんな状態を続けて、良いんですか。原発推進は、危険です。建物だけがあって、人が住んでいない。そんな状況を想像してください。それが今の日本の状況です。こんな状況を許して良いんですか。ぜったいに原発は、あってはいけません、皆さん。
 
 
 
 
福島を訪れたおばあさんが、こう語りました。

  あのお、埼玉県春日部から参りました。いつのまにかもう、80歳をすぎましたけれども、あまりにも原発がおそろしいので、毎週来ております。もう180回ちかく参加していると思います。ともかく、先月、福島へ行って参りました。飯舘の仮設住宅の人たちと、逢ってきました。来年の3月にはもう、仮設住宅を出ろと言われているんだそうです。そして、お金もそのうちに打ちきる。そうしたら、あのー、飯舘村のある地域はまだ、放射能が、すごく強いんです。常磐道で帰ってきましたら、まだ放射能がバスの中でも高い数値を示していました。ほんとうに、原発はおそろしいです。家はあっても、あの放射能では、帰れないと思います。あの飯舘の人たちは、3月に住処を追われて、どこへゆくのかと、思うと、私も心配です。皆さん、これからも、原発ぜったい、反対って、がんばりましょう……。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です