2017年3月11日サイトリンク

2017年3月11日に行われる震災の追悼式にかんするサイトのリンクをいくつか紹介します。

震災のことを記した「祈りの手紙」を朗読し、供養と鎮魂をおこなう「311祈りの日実行委員会」のサイトです。
http://311inori.net/index.html

2017年3月11日0時00分から23時59分までに、yahooで「3.11」というキーワードの検索を行うと寄付が行われる、yahooの復興支援サイトです。
https://fukko.yahoo.co.jp/

3.11応援企画のyahoo募金も行われています。
【あなたの寄付が2倍に】被災地復興活動支援募金《学生ボランティア》
https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630029/

朝日新聞
http://www.asahi.com/shinsai_fukkou/
震災から6年経った東北の記事と特集をまとめた朝日新聞社のwebサイトです。

朝日新聞の「ランドセル・靴…残る震災の爪痕 双葉南小学校の今は」という記事には、双葉小学校の今を撮影した写真が閲覧できます。原発事故でふる里に帰れなくなった、無人の教室の写真です。双葉南小学校の窓も割れず机も壊れなかったのに、その近くの原発は海に近すぎて災害時の電力喪失にも弱く、大津波には耐えられない構造になっていて、原発が自然災害に弱い施設であることが明らかです。日本原発産業は、廃炉事業と核廃棄物管理事業に特化した新しい企業に生まれ変わる以外に仕事は無いように思います。
 
 

新聞社・テレビ局の阪神淡路大震災記事リンク

■NHK「阪神・淡路大震災22年」
https://goo.gl/wEkSAi

当時のことを振り返るために、避難者の方々が食べた避難時の豚汁を再現して食べた、という催しがあったそうです。「震災を振り返り復興の歩み紹介する催し 神戸」という記事です。東日本大震災にあわれた方との交流の催しも、あったそうです。

■神戸新聞 【特集】阪神・淡路大震災
https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/sinsai/

震災後に、引っ越すことになった被災者の方のために、15年以上ずっと話しを聞く、という仕事を行ってきた女性を紹介する記事があったんですけど、とても印象に残りました。こちらのページです。「カムバックコール&メール事業」という活動です。避難後に遠い地で、仲間はずれにされてしまう子どもについての悩みが相談されたこともあって、電話でふる里とつながる、という活動が長らく続けられてきたのだそうです。詳しくは記事本文をご覧ください。
 
 
 
■災害支援の募金リンクはこちら
https://donation.yahoo.co.jp/category/7/

鳥取地震2016募金&ボランティアの受付リンク

 
 2016年10月21日午後2時7分に、鳥取県の中部で震度6弱の地震が起きました。鳥取県中部の震央では、家屋が倒壊するなどの被害もあり、募金活動や、災害ボランティア活動は、これから生じてくる見込みです。

 朝日新聞では「鳥取県によると、湯梨浜町で家屋が倒壊しているという情報がある」そして「北栄町によると、地震の影響で住宅2戸が倒壊」と記されています。

くわしくはこちら
http://www.asahi.com/articles/ASJBP535DJBPPUUB00K.html

 また、毎日新聞でも「伯耆町の県道で土砂崩れ」と報道しています。

くわしくはこちら
http://mainichi.jp/articles/20161022/k00/00m/040/011000c

 

 

それでは、鳥取地震のネット募金と、災害ボランティアのリンクを紹介します。

Yahooネット募金
http://donation.yahoo.co.jp/

★ Yahooネット募金 鳥取
http://donation.yahoo.co.jp/
(このページからすでに募集開始されています)

赤い羽根共同募金
http://www.akaihane.or.jp/index.html
 
日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/index.html

 

 

 また第一東京弁護士会東日本大震災対策本部では、被災者の方々の「これからの暮らし」に役立つと思われる「制度」や「手続き」等の情報を集めた情報サイトを公開しています。リンク先のpdfファイルで閲覧可能です。

くわしくはこちら
http://www.ichiben.or.jp/news/oshirase2011/news2011/kokokara.html

 

 

地震 住宅支援まとめ ページ
http://suumo.jp/journal/2016/04/27/110196/
(熊本地震における、住宅支援の情報をまとめたページです)

 住宅が、半壊または倒壊した場合
(1)避難所や、安全なところに移動する。
(2)最寄りまたは避難先の市役所に行って「り災証明書」を発行してもらう。
(3)行政が運営する公営住宅に一時的に入居する。または、宿泊施設や仮住まい先を見つける。
 この時に必要な情報が、上記の《地震 住宅支援まとめ ページ》に記載されています。

 

 

被災者向け住居・受け入れ先情報サイト

くわしくはこちら
http://cmsjp.jp/

(おもに熊本地震での被災者の方のための、住宅供給サイトですが、罹災者にとって有用な情報が今後追記される見込みです)

 

 

災害ボランティアのwebサイトリンクを紹介します。

全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
http://www.saigaivc.com/

NPO法人 レスキューストックヤード(RSY)
http://www.rsy-nagoya.com/

ボランティアプラットフォーム
http://b.volunteer-platform.org/

Yahooボランティア
http://volunteer.yahoo.co.jp/

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

amazon欲しいものリストが、熊本地震に対応

東日本大震災で活発に利用された、amazon欲しいものリストが、熊本地震に対応しています。
amazonで発表された文章はこうです。

2016年4月14日に発生した熊本県熊本地方を震源とする地震によって被災された皆様、影響を受けられた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
Amazon.co.jpでは、被災地からの要請により、ほしい物リストを使って必要な物資をお届けするサポートを行っています。ヤマト運輸株式会社のご協力により、各避難所まで漸次配送いたします。各被災地のリストから、現地で本当に必要としているものを知り、簡単かつ迅速に購入して直接お届けすることができます。皆様のご協力をお願い申し上げます。

公式サイトはこちら
http://www.amazon.co.jp/b/ref=s9_acss_bw_ln_food_1_2?_encoding=UTF8&ie=UTF8&node=4422892051&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=merchandised-search-leftnav&pf_rd_r=0RY6SWT6MDPNVMDRDJDM&pf_rd_t=101&pf_rd_p=313521469&pf_rd_i=4422892051

東日本大震災の時に、配布したパンフレットはこうなっています。

amazonhigasinihon

欲しいものリストの作成方法は、こちらに詳しく書いています。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=720602

熊本地震の欲しいものリストがすでに、6つ以上、amazon本社にリストアップされています。これはamazonが所在確認を終えている、本家のリストです。

http://www.amazon.co.jp/b/ref=s9_acss_bw_ln_food_1_2?_encoding=UTF8&ie=UTF8&node=4422892051&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=merchandised-search-leftnav&pf_rd_r=0RY6SWT6MDPNVMDRDJDM&pf_rd_t=101&pf_rd_p=313521469&pf_rd_i=4422892051

【被災地】熊本市武蔵中学校避難所
【被災地】熊本市楡木小学校避難所
【被災地】熊本市下益城城南中学校避難所
【被災地】熊本市龍田小学校避難所
【被災地】熊本市龍田中学校避難所
【被災地】熊本市武蔵小学校避難所
 
 
現在のところ、ノートやペンやホワイトボードや、ダンボール式簡易ベッドやシャンプーが不足しているようです。
 
 
最新の情報は、こちらからご覧ください。
http://www.amazon.co.jp/b/ref=s9_acss_bw_ln_food_1_2?_encoding=UTF8&ie=UTF8&node=4422892051&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=merchandised-search-leftnav&pf_rd_r=0RY6SWT6MDPNVMDRDJDM&pf_rd_t=101&pf_rd_p=313521469&pf_rd_i=4422892051